Articles並行輸入品は買わない方がいい

Blog

並行輸入品は買わない方がいい

ギター講師の中村です。
今回は並行輸入の楽器についてお話しします。

並行輸入品とは?

端的に言うと「正規品でないもの」は全て並行輸入品です。正規品を定義すると、海外メーカーから”正規輸入代理店”のオーソリティを受けている仲介業者が卸している商品が正規品と呼ばれ、それ以外のものは仕入れ元が不透明ということで、モノによってはフェイクも混ざっている可能性があるため「並行輸入品」と呼ばれます。

安いがあまりオススメできない

並行輸入品は正規品に比べるといくらか安いですが、壊れたら誰もサポートしてくれないので、楽器の場合、扱いが雑な人は買わない方が賢いです。個人的にはオススメしないですし、新しいギターを購入しようとしている生徒さんにもその旨伝えるようにしています。とりあえず店に行けと。

リアルショップ (実店舗)もしくはそのショップが運営してるECサイト (独自通販サイト)には新品の並行輸入品はまず置いていません。正規品はシリアルナンバーで管理されていて、その楽器に修理などのサポートが必要となった場合、シリアルナンバーが正規品であるかを照合した上で行なったりします。並行輸入品のシリアルナンバーは正規パーツを供給してもらうなどのサポートは対象外もしくは高額になります。最近の楽器はそのメーカーでしか使われていない専用のパーツが増えているため、パーツの供給をしてもらえないとなると結構困るかもしれません。

どうして出回る?

日本の輸入代理店と海外のメーカーの間には一般的に専売の契約があります。なので海外のメーカーは日本で商売する場合に契約のある会社にしか輸送しません。ところが海外のの業者から安く新品やデッドストックを仕入れて、日本国内のどこかの通販業者に安く売るなどして流通させることは理屈上可能です。それによって出回っています。

これを大々的にやっていたのがある通販サイトです。「直輸入品」と称していますがあれは単なる並行輸入品で、あたかもメーカーから直接買っているように匂わせていますが、実際のところ仕入れルートは明らかにされていません。

仕入れルートが不透明だとB品やフェイクが混ざっている可能性があるという問題が起きます。近年では総合通販サイトで海外メーカーの弦のニセモノが出回っていました。(これがまた精巧にできててすごい…!)

楽器本体のフェイクは今のところほとんど聞いたことがありませんが (ないこともないけど)、外国だとめちゃくちゃ出回ってるそうなのでそう考えると日本でも流通しておかしくないと思います。

メーカーの信頼

並行輸入品がたくさん出回ることでメーカーの信頼が下がり、最終的には流通が減るという現象が起きかねないワケですが、実際にあるメーカーは日本のある代理店と契約をしていたにも関わらず、裏で別の業者に卸の契約を進めていたというケースがあります。元の代理店は突然契約を打ち切られ、新しい代理店は販売権を独占でき、オイシイ商機でしたが、そんなことすると旧代理店と仲良くしてたディーラーは取引したがらないし、結果的に流通は減り、信頼は落ち、ユーザーからも忘れ去られてしまいます。最近また復活してきてますが。もちろんメーカーも条件の良いところと契約したいというのは分かりますけどね、そこは過去にも色々やらかしてるところなので、見え方はかなり悪かったですね。

最近は減っている並行輸入品

日本の代理店も現地メーカーもノロマではありませんから、並行輸入品の流通をそう簡単に許容しません。当然ながらあの手この手で対策を打っています。例えば、価格を並行輸入品に揃えられるようにディーラーへの卸値を下げたり、保証期間を1年から3年あるいは3年から5年に伸ばしたり、現地&日本のメーカーサイトに「日本の〇〇というサイトでギターを買うな」というキャンペーンを行なったり。楽器業界が育ててきた市場を素人でもできる”ただ安いだけ”のビジネスに移行されるのはまぁ面白くないでしょう、そのままいくと日本の音楽人口が衰退しかねないという懸念もありますからな。まぁ個人的には、そんなんで付いてくる客なんてすぐ離れるやろうし、放っといても自滅するし好きにさせとったらええんとちゃいますか…と思ってしまいますが。

業界の努力の甲斐あり、最近は少しずつ減っていると思います。Gibsonのように並行輸入品がほぼ出回らないメーカーも出てきました。実際アメリカのモンタナ州にあるGibson社に行き研修を受けたことがありますが、その時も並行輸入品に対する彼らの対応を聞いていたので、見事に駆逐したなと。感服いたします。

 

Midville’s
中村

音楽講師 / ビートメイカー

Up
H E L L O T H E R E
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。