Articlesレモンオイルは本当に悪なのか?

Blog

レモンオイルは本当に悪なのか?

ギター講師の中村です。
今回は「レモンオイルはギターに良くない」というネット上に出回る意見についてです。

 

結論から言うとそんなことありません。

レモンオイルを使う理由

ギターの指板やアコースティックギターのブリッジ部分は塗装がされておらず剥き出しになっています。要するに外気の影響を受けやすくなっている上、これらの部分は硬質な木材が使われているため、乾燥すると変形したり割れてしまうことがあります。また指板は人の手で触る部分なので基本的に汚いです。それをクリーニングし、冬場に保湿してあげるためにレモンオイルやオレンジオイル、ワックスなんかを使います。

レモンオイルのオススメ

僕はHOWERD社のFeed n’ Wax (フィーデンワックス)というのを使います。これはレモンオイルに蜜蝋を混ぜたワックスです。蜜蝋なので中で放っておくと硬化することがあり厄介ですが、年に2〜3回程度しか使わないので小さいボトルでも十分長持ちしてくれ重宝します。

これ高い浸透性を持つオイルの良さと、膜を張ってしっかり保護してくれる蜜蝋の良さの両方があるので個人的にはオススメ。指板やブリッジに塗ってしばらく放置したら、乾拭きするだけ。

最近はねこだまり工房さんの蜜蝋ワックスも愛用しています。こちらは元々固形で、少しクロスにつけて拭くとすごくキレイになります。

レモンオイルが悪いと言われる理由

アメリカ合衆国の最大手アコギメーカーMartin社が自社のWEBサイト内のQ&Aにおいて「レモンオイルを使って良いか?」という質問に対し

Martin Guitar does not recommend using lemon oil on the fingerboard. The acids in lemon oil break down the finish of your guitar … speed the corrosion of the frets, and decrease the life of your strings. 「レモンオイルに含まれる酸は塗装を破壊し、フレットや弦を傷めるか弊社では推奨しない」(Martin Guitars FAQs)

と答えています。レモンオイル悪玉説を唱えている人の根拠はただこれだけです。この一文を読んで「あの天下のMartinがレモンオイルは悪いと言っているのだ!!」と勘違いして広めたものと思われます。でもちょっと待ってください。確かに一般的にはMartin社の言うようにレモンオイルが含む酸は楽器を傷める可能性があり、ラッカー塗装との相性は良くありません。なので誤ってこぼしてしまわないよう、使用時には注意が必要なのは確かです。

ただレモンオイルを使う目的は飽くまでも保湿やクリーニング。長時間塗装や金属に触れていなければ、楽器を傷める可能性は少ないです。もし塗装に付着したらすぐに拭き取れば何の問題あもありません。そもそも年に数回使うかどうかの頻度ですから、ほぼ問題ないと思って大丈夫です。

Martin社のQ&Aが間違っているとか、説明不足だということではありません。これはレモンオイルのデメリットをただ”一般論”で回答しているものと思われます。

 

 

僕らが楽器屋さんで手に入れることのできるオイルはミネラルオイル (鉱物油)で、高い保湿効果やクレンジング効果があります。「鉱物油は揮発性だから保湿効果はないのでは?」と考える方もいるでしょうが、揮発しないと汚れ落ちないんですよ。化粧水にアルコール (揮発性)が入っているのと同じ理屈です。

そのレモンオイルが市場から消えてない時点で危険性についてはそこまでリスクがないと言うことを示しているようなものだと思うんですが、どうでしょうか。本当にギターにとって悪影響ならばこんなに流通しないでしょう。メーカーさんもそこまでマヌケじゃないと思いますよ。

鬼の首をとったが如く「Martinが言っているからそうなんだ!」と決めつけて「レモンオイルは使わない方がいい!」とネガティブキャンペーンするのはだいぶ短絡的じゃないかと思います。

 

何かの記事かYouTubeの動画で「指板は、指の脂で十分に保湿されているからわざわざオイルなんて使わなくてもOK!」と言っている人もいました。それはアレですか、「雨降ったから今日は風呂入らなくていっか。」ッて感じですか。めっちゃ面白いけど、全然代わりになってませんよ、それ。

注意すべきギター

Martinと並ぶ名門Gibson社のメンテナンスに関する記事で「メンテナンス時には濡れたガーゼをかたく絞って水拭きして、スチールウールで磨く」と、オイル類を一切使わないことに言及しました。これはクリーニングとしては結構昔からある方法ですが、水拭きがオイルの代わりになるという意味ではありません。誤解なきよう。水で保湿できるなら、風呂にでも浸からせておけば良くないですか。水じゃ保湿できませんよ。水仕事したら手が乾燥するでしょう。

Gibson社の塗装は結構繊細で、オイルと触れることで塗装を破壊するリスクが普通のギターよりも高くなってしまうため、Gibsonギターには慎重になるべきだと思います。

またクラシックギターの中によくあるセラック塗装 (フレンチポリッシュ)にレモンオイルやオレンジオイルを使用する際も同じように注意が必要です。

ちなみにセラック塗装は木の暖かい質感が出やすくて、音も良いし個人的に好きです。塗装修理がしやすいというメリットはありますが、スプレーなどではなくタンポで少しずつ手作業するためコストがかかるのと、塗膜が薄く外気の影響を受けやすいため、扱いが雑な人にはオススメできない点はデメリットです。

レモンオイル=悪?

結局のところ、ラッカー塗装やセラック塗装には注意して使うべし、ッて感じですかね。よほどのことがない限りレモンオイルが直接的な原因となってギターを傷めることはほぼほぼ考えにくいと言うところです。Martin社やGibson社がレモンオイルに対して肯定的な姿勢ではないのは確かですが、それをレモンオイル=悪と捻じ曲げて拡散する心はよく分かんないです。

 

Midville’s
中村

音楽講師 / ビートメイカー

Up
H E L L O T H E R E
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。