Articles音楽に支配される人間の行動

Blog

音楽に支配される人間の行動

ギター講師の中村です。
今日は音楽と行動学の不思議について少し。動かしているのは人間の心だけではなかったんですねー。

イギリスのある試飲会にて

イギリスであるワインの試飲会を装った実験が開かれました。1時間くらいかけて5種類のワインを飲んでいく過程で、BGMを変えていくと何がどのように変化するかというもの。1番から5番までのワインを順番に試飲したお客さんにどのワインが好みだったかを投票してもらったところ、5番が一番人気が高いと分かりました。実は1番と5番は同じワインでしたが、その時かけているBGMに違いがありました。1番の時には甘くロマンチックなClaude Debussy (クロード・ドビュッシー)の『月の光』、5番の時には力強いRihcard Wagner (リヒャルト・ワーグナー)の『ワルキューレの騎行』。

結果的に1番のワインを飲んだ人は”甘く口当たりが良い”と感じた人が多く、5番のワインを飲んだ人は”力強い味”と感じた人が多かったのです。要するに音楽の雰囲気が感想を流してしまうと。そして同じワインであるはずの1番には誰も投票しませんでした。もちろん、全員が5番を飲む頃には酔っ払っていたから正常な判断が出来なかったのではないか?5番を飲むまでに温度変化でワインの味が変わったのではないか?など、考えられる説はありますが、実は全く別の実験で飲み比べではなく3つのグループ (ゆったりしたBGM、力強いBGM、無音)に同じワインを飲ませるというものも存在していて、この時もやはりゆったりしたBGMを聴きながら飲んだグループでは甘美な味、力強いBGMを聴きながら飲んだグループでは力強い味という風に感想が分かれたそうです。つまり、酔いや時間経過による味の変化は関係ないことの裏付けにもなります。

実は音楽によって我々の行動はコントロールされていることがあります。

その他の例

またワインに関する実験でもう1つ興味深いのが、音楽と購買意欲に関するもの。あるスーパーのワイン売場でフランスの音楽をかけるとフランス産のワインがドイツ産のワインの約5倍売上があがり、逆にドイツの音楽をかけてみるとやはりドイツ産のワインが2倍高く売り上がったという話があります。またジャンルもポップスとクラシックとでは約3倍もの違いがあることが言われていて (クラシックの方が高い)、シチュエーションに合わせて適切な音楽をかけることで更に高い売上を狙うことが (特にヨーロッパでは)マーケティングの1つとして戦略的に行われているようです。

ところで、くれぐれも「クラシックだから売上が高くなった」という見方は避けたいところ。日本には日本流の”アガる音楽 (売上も気分も)”があると思うので、闇雲にクラシックをかけても意味はないと思います。

多くの人が抱いているであろう音楽 (のジャンル)に対する印象こそが人の行動を左右しているものだと理解していただきたいです。国が変われば違う結果が出るのは当然のことで。

 

例えばこれは有名な話ですが、ある喫茶店でお客さんの回転が遅かったため、ゆったりとした音楽を止めて突然速くて激しい音楽をかけるようにしたところ、長居するお客さんが減ったという例があります。テンポの速い音楽には人間の脳に対して「動け」と働きかける力があるみたいです。

日本の国民的なゲームとなっている『スーパーマリオブラザーズ』でも制限時間が近づくとBGMが速くなる仕様になっていますね。一変してテンポが上がると焦りだす。音楽は一般的には一定の速さで流れていきますから、それを突然乱せば行動に変化が現れる。これもまさに音楽によって人間の行動がコントロールされている例だと思います。

BGMに特化したクリエイター

実は日本にもそういった環境に合わせてオーダーメイド音楽を使用している制作者がいます。実際に会場の広さを調べてスピーカーの数やその場に必要な音色、音量、テンポを調整したり、あるいはその場で発生するであろう雑音との兼ね合いを考えて作ることで、お客さんに良い居場所を提供する。京都丹後鉄道や京都タワーなどのBGMを手がける小松 正史先生 (京都精華大学教授)の書籍を読むと、音楽の可能性ッてすごいんだなと気付きがたくさんあります。

Midville’s
中村

音楽講師 / ビートメイカー

Up
H E L L O T H E R E
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。