Articlesギターの弦は緩めるべきか?

Blog

ギターの弦は緩めるべきか?

ギター講師の中村です。
ギターの弦を緩めた方が良いのか否か、よくある議論について僕なりの考えを書いてみます。

 

結論から言いますと、アコースティックギターやクラシックギターなどの場合は緩めておいた方がより良いです。エレキギターは特に必要ないと感じています。

この議論は
①チューニングの負荷でネックが曲がってしまうから緩めた方が良い派
②どんなにケアをしていても、ギターのネックとは曲がる時は曲がるものなんだから緩めなくて良い派
に二分します。自分の楽器に合うケアならば、基本的にはどちらの意見も正しいと僕は考えています。

毎日弾くなら緩めなくて良い?

「毎日弾くなら緩めなくて良い」と言う人もいるそうですが、正直意味が分かりません。弦の張力によって不具合が起きてしまわないかが論点なのに、そこに弾く頻度が関係あるのでしょうか。

誰かが言い出した適当な意見に、なんの考えもなしに乗っかっているだけのような感じに聞こえてしまうんですよね。僕にしてみれば毎日弾こうがたまに弾こうが”チューニング”と言う行為は少なくともギターに負担がかかっているワケだから、その状態にしておく時間はあまり長くない方が良いんじゃないか?と思うんですが、どうなんでしょう。

緩めないとどうなる?

この議論で僕が気になっているのはネックの話にフォーカスされ過ぎな点。アコースティック楽器は緩めた方が良いと言ったのは、“ブリッジ”という、表面板に付いている弦の留め具への配慮が必要だからです。ブリッジは接着剤で貼り付けられているだけなので (ねじ止めしてるメーカーもありますが)、弦の張力に負けて剥がれてしまう事があります。

チューニング時にかかる負荷はアコースティックギターが70kg前後で、クラシックギターが40kg程度。結構強いパワーがかかっています。これをそのまま放置することはブリッジを剥がすだけでなく、本来フラットな表面板を変形させたり、ひび割れさせたりする原因にもつながります。

ブリッジは弦を留めるだけでなく、弦振動のレセプターとなってボディ全体に振動を広げる役割を持っています。このようなデリケートなパーツの修理歴はサウンド面でマイナスになりやすいです。

時間とお金さえかければ治せる!

もちろん大抵の場合は時間とお金さえかければ治せます。愛着のないギターだったら、金額的に買い替えた方が良い場合もありますが。

ネックが曲がると弦高が上がって弾きにくくなる程度ですが、表面板の膨らみは木部の割れや内部の力木 (ブレーシング)が傷むなどの二次災害も起きてしまいます。特に割れや力木の傷みはちょっと高めの修理費がかかります。表面板のふくらみに関しては修理ができません。新品のギターほど木は変形しやすいのでお気をつけください。

時間とお金さえかければ治せる!

アコースティックギターは金属弦ですから、日々チューニングを繰り返すことで金属疲労を起こし、弦が切れやすくなるというデメリットがあると思います。毎回チューニングするのも正直メンドくさいんですよね。なので、特に張力が強く切れやすい1弦と3弦は緩めず、他の弦を少し緩めると“張りっぱなしよりはマシ”かもです。まぁこの写真のように、太い弦が切れることは滅多にありませんがね。

ネックの話ばかりするな

楽器は全てのバランスが保たれるように作られています。そしてギターの弦は調律した状態 (チューニング)は常にギターにストレスがかかっていると言うことお忘れなく。

そしてチューニングが引き起こす不具合はネックの反りに限りません。ギターの変形、ブレーシングの剥がれ、ブリッジ剥離など様々です。

 

 

Midville’s
中村

音楽講師 / ビートメイカー

Up
H E L L O T H E R E
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。