ArticlesMusicology日本式「音」の関わり方

Blog

日本式「音」の関わり方

ギター講師の中村です。
数学者ピタゴラスが「ドレミファソラシ」を発見して以降、音楽は世界中にほぼ同じような形で普及しましたが、国によって地域によってそもそも音の関わり方は千差万別だったはず。日本ではどうだったのでしょうか、と言うことがテーマです。

日本語と音色

他の国の例は詳しく分かりませんが、少なくとも日本語を話す人は、音色に対して比較的敏感になりやすいという性質があるそうです。それが証拠に日本では生体模写、モノマネなどの芸が人気になりやすいという特徴があります。諸外国にも”〇〇のそっくりさん”とか”鳥の鳴き声のマネ”など、芸としてはいくらでも存在しますが、外国のエンターテイメントが好きな僕でも「それで笑いを取る」「モノマネ芸人としてメシを食う」という感覚はあまり見かけないです。少なくとも元の喋り声や歌声の、音色や音程を比較して、それをデフォルメして楽しむという風潮があるのは間違いないと思います。

これには言語が関係していると僕は考えています。アジアの国々の中には”調声言語”が多く、例えば「雨」と「飴」などのようにイントネーションが変わると意味まで変わることがザラにあって、調声言語の国々の人は音色や音程に対して敏感になりやすいと言う傾向があります。実際、調声言語の国々では絶対音感保有率が高い傾向にあるのに対し、欧米諸国ではほとんど稀であるというデータがあります。もちろんこの数字の根拠が言語のみに起因しているワケではありませんがね。かといって全く無関係でもない気がしています。


実際日本には「音色を楽しむ」という文化があります。風鈴の音で涼んだり、セミの声で季節を感じたり、さざ波や焚き火の音を聴いて癒されたり。”音鉄”と呼ばれる人たちは電車の音を楽しんだりしますね。YouTubeやCDでも田舎の音を聴いて癒されよう!みたいなの結構出回ってるし。これほど「音」「音色」に執着する文化は珍しいと思います。

虫の声は日本人にしか聞こえない?

ところで虫の声が聞こえるのは「6歳までに日本語で育った人」に限定されると言う話があります。厳密にはポリネシア語など一部の言語もそうらしいのですが。これはある日本人が海外の学会で「虫の声がうるさくてスピーチが聞こえない」と発言したことが発端で、偶然見つかった脳の情報処理のお話。

人間は一般的に左脳で言語や論理を処理し、右脳で音楽や背景雑音を処理します。日本語やポリネシア語で育った人はどういうワケか虫の声に代表されるあらゆる背景雑音の一部を左脳で処理、つまり言語として聞く習性が身に付いてしまうらしいのです。

我々ネイティブの日本語スピーカーは動物や虫の鳴き声だけでなくさざ波や焚き火の音も”言語”として処理するから、それらを聴くことを好んでいると裏付けていると言っていいと思います。ASMR (食欲をそそる咀嚼音)が流行る理由も似たような理屈かもしれません。もちろんこれは優位性でもなんでもなく処理の仕方の話であって、海外にも虫の声や焚き火の音などの環境音に注目した音楽作品やそれを風情に思う文化は存在していますのでご安心ください。

そんなクセのある脳を持つおかげで、虫の声がうるさいなど日常で困ることが多々あります。ただそれが分かった (立証され言語化された)のは最近のことですが、日本人が「楽音 (音楽のために奏でる音)」と「自然音」をあまり区別しないのは何百年も昔からだと思われます。平安時代に成立した『源氏物語』の中にも波や風の音と音楽を融合させるシーンがあったり、鈴虫や松虫の声をバックに琴を演奏するシーンがあったり、少なくともこの時代から自然音や背景雑音に親しむ例が存在していたということは、今風に言えばそれらを言語として聴いていたからだと思います。

そんな「音楽と環境音の融合」が世界的な音楽ジャンルとして認知されるようになったのは1960年代頃の話。カナダの作曲家Murrey Schafer (マリー・シェーファー)が「音風景 (サウンドスケープ)」と造語して広まりました。音楽の歴史で言えば比較的最近のことです。日本では当たり前のことだったのですぐに浸透しました。

音と生活

生き物にとって”音”は情報源であり、生活に欠かせないもの。

視覚と違って聴覚は24時間365日休まず働いています。そうでないと目覚まし時計の音に気付くことができませんからね。耳は寝ている間でも危険を察知する機能をオンにしたまま、周囲がどういう状況であるかを常に感知しているのです。平和な日本では想像しにくいかもしれませんが、聴覚は休まず働いているのです。

音は日常の中で”快”になることもあれば”不快”にもなり得ます。全く静かな場所では、ヒソヒソ声がかえって気になってしまう人も居てるでしょうし、映画館では大音量で音声が流れている中、前の席の人の小さな咀嚼音が鬱陶しく感じる人もいるでしょう。

あるいは精神状態に起因する場合もあって、ベトナム戦争に参加した兵士が花火の音を聴いて戦時中を思い出してしんどい思いをしてしまうケースや、自律神経が乱れて聴覚過敏になってしまった人は、それまで許容できた全ての音量が受け入れられなくなるなんてこともあります。

日本では生活音が周囲に響かないように配慮するのが当然だと考える人が多いです。環境省がお互い思いやりましょうね、と呼びかけるほど。

1970年代に、ピアノを練習する音に不快感を覚えた男性が階下の家族を刺殺した”ピアノ騒音殺人事件”というのが起きました。当時はヘッドホンで聴けるような電子ピアノはなかったか、あったとしても一般的でなかったからおそらくアップライトのピアノを使っていたのだと思います。これは騒音問題がフィーチャーされた最も代表的な事件の1つで、被害者一族には大変気の毒ではありますが、判決に対してはいくつか見方があります。当時の裁判官は一審で「こんなもん騒音ッてレベルじゃないから殺人はやりすぎだわ、あんた死刑ね (要約)」ということで加害者は死刑囚として投獄されます。一見すると当たり前の判決かもしれませんが、聞けばその加害者は普段からテレビの音をイヤホンで聴いたり、赤ん坊の鳴き声がイヤだという理由で奥さんに中絶を強要していたり、獄中でも「隣の牢のトイレの音がストレスだ」と言っていたそうで、明らかに精神的なトラブルを抱えていたにも関わらず、判決ではそれについて言及されませんでした。そこに少し引っかかっている人がいるみたいです。当時は精神状態が聴覚に異常をきたすことを知らなかったのか、知っていても判決には影響させないものなのか、まぁ分かりませんが、「音の感じ方が精神状態に起因する」という点を無視した内容は確かにちょっと違和感があります。

実際、事件後加害者に同情する声が相次ぎ加害者の控訴を支持する声は高かったそうで、二審で無期懲役になる可能性もありました。ただ加害者は早く死にたいと言い控訴を取り下げて死刑確定。ちなみに刑は執行されておらず、2019年時点で日本の最高齢死刑囚とされていました (何の自慢にもならんが)。今も生きているのかは不明です。

騒音問題と言えば奈良のこの方も有名ですね。

この事件を元に作られた映画『ミセス・ノイズィ』面白かったですが、旦那がマジでクズすぎてイライラした (いやそーゆう役なんだけど)。

海外でも”Mrs.Noisy”の名でこのニュースが紹介されたそうですが、僕は「ミセス三三七拍子」と呼んであげたいですな。

 

Midville’s
中村

音楽講師 / ビートメイカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Up
H E L L O T H E R E
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。