Articles素晴らしき詩の表現の世界

Blog

素晴らしき詩の表現の世界

ギター講師の中村です。
今回は言語と詩表現をテーマにしています。

人は言葉以上のものを受け取る

コミュニケーションの9割以上が非言語であるという話があります。つまり言語に頼らずに所作や表情を見たり、話し方のトーンを聴いて行っているということです。人を信じるあるいは疑う時、その発言に関連する一連の行動や表情、声のトーンなどを聞いて、判断しますよね。言葉によって意思疎通をする機能は1割ほども果たしてないそうです。

ただ不思議なことに、メールなど文字でしかコミュニケーションできない状況でも、記号や絵文字、文の長さや言葉遣いなどから”ある程度”の精度で読み取ることができます。

言葉のみで映像を作り出す詩

歌詞や川柳、俳句などは文字しか持たない表現手法です。通常のコミュニケーションとは違って、詩の世界の面白いところは「書かれていないことまで感じさせる」と言う点。

 

実は僕は詩が結構好きな方です (書くのは苦手)。とりわけ日本的な表現方法に興味があります。言葉ッてよくできてるなぁと感心してしまいます。

中学生の頃に習う松尾芭蕉の俳句「古池や 蛙飛び込む 水の音」を聞いて、おそらく多くの人が「山の中にある小さな苔むした池に、静寂の中1匹のカエルが飛び込んだ音がポチャンと響いた」絵を想像して、この風景に流れる”水の音”がどれほど静寂なのかを演出しているという妙味を味わっているのではないでしょうか。数百年経った現代の僕たちもそこに風情を少なからず感じているのは間違い無いと思います。これを街中の池に大量のカエルが突っ込んだと感じる人は少ないでしょう (もちろんその回答が悪いわけではないけど)。

「説明していないことまで伝える」

これが詩の面白いところだと僕は思っています。無意識のうちに僕たちは書かれてないことまで読み取っていることに気付かされるのです。

全て説明しないストレスが説得力を強める

ちょっとここで干場 しおりさんという方の短歌を2つ紹介させてください。

うつくしく くずれていった 角砂糖 つぎの話題が 少しこわいわ

なんでしょうこのシーンにはジワジワと時計の音が流れている感じがしませんか。男女の別れ話的な。角砂糖が「溶ける」ではなく「うつくしくくずれていった」と言うのも独特で、本当にくずれたのは角砂糖じゃないのでは…と不安にすらなってくる。

僕はそう感じたんですが、中には「意中の人と初めてのデートで何を話して良いか分からない状況を描いている」と捉えた人もいるでしょう。これはどう感じても正解なのです。どうにも受け取れるように書かれてますから。

とけてから 教えてあげる その髪に 雪があったこと ずっとあったこと

すごく可愛らしい短歌だと感じました。ただ頭に雪が積もっただけなのに、まるで自分だけが秘密を知ってしまったかのように嬉々として2回も字余りしてはる。きっと寒さも忘れて相手を見ていたんだろうなぁと思うと微笑ましい気分になります。

 

この2作品とも、登場人物が自分だけでないことを暗示していたり、主人公の気持ちがポジティブ/ネガティブどちらとも受け取れるような余白を残しています。全てを説明しないストレスが、読み手に対して説得力を強める動機になっている例だと思います。特に俳句や短歌などの限られた文字数の中で多くのことを表現するのは難しいことです。

"制限"が表現を巧みにする

日本語の詩は恐らく和歌が最も古く、短歌同様にたった31文字 (五七五七七)で爆発した感情を表現するスタイルでした。文字に限りがあるからこそあれこれ言葉を練らないといけなくて大変ですよね。学生時代、塾講師のアルバイトをするまでは僕も古典文学にはあまり明るくありませんでしたが (高校は理系クラスだったし)、教えるにあたって自分で勉強したら、和歌ッてめちゃくちゃ面白いことが判明して、もっと早く気付いていればなぁと後悔したもんです。

余談ですが実は当時『万葉集』に収録されている和歌に音程やアクセントなどの節を付けて詠みあげる”披講”という遊びが存在していたそうです。その節には型があって、31文字をどの型にはめて歌うかを楽しんだとのこと。節を指示する楽譜のようなものまで残っているとされています。日本は西洋音楽の様式を受け入れるずっと前から独自の歌い方を持っていたということですね。

さらに地方では”歌かけ”という文化も同時期から存在していて (現在も地方ではギリギリ残っているとか)、これは今でいう”サイファー (アドリブでラップするコミュニティ)”のようなものだと言えるかもしれません。”歌かけ”は即興で五七五七七の歌を詠むというもので、嫁の小言を言ったり冗談を言ったりします。誰かが使った単語をピックアップして連想して次の人に繋げるというのが基本で、相手を貶めるバトル要素はないものの、やっていることはフリースタイルのラップと大差ありません。

日本でフリースタイルが定着したのは、黎明期から日本のシーンを牽引してきた先人達の功績も大きいですが、日本語が持つボキャブラリーの多さや即興で歌い合う文化にマッチしたおかげもあったのではないかと思います。

話を詩に戻しますが、現代における詩はJ-POPの歌詞をさすことが多いです。大衆音楽では散文詩といって、韻律など定型のない自由な言葉で書かれます。しかも年々イントロやギターソロは短くなり、やや早口めに歌うのがトレンドだったりする関係で、歌詞が長文化している傾向にあります。要するにルール無用。格闘技で言ったら、顔面からローまでの直接打撃あり、掴み&投げ&寝技OKで肘、膝、頭突き、目突き、金的も解禁された、ほぼケンカスタイル。最強の様式です。言いたいこと全部言えちゃいます。

…とは言っても、J-POPの歌詞を読んでみるとなんやかんやで七五調もしくは七七七五調になっているケースが多いです。文字数だけでなくメロディを7音節+5音節などの形にして帳尻を合わせることもあります。もしかしたら日本人にとっては結局それが書きやすく、伝えやすく、そして聴きやすいのかもしれません。

決められた文字数で書いたり、韻を踏むなどの制限があると表現はどんどん巧妙になっていきます。歌はせいぜい3分〜5分という短い時間です。その中には3分〜5分分の世界観しか存在しないワケではありません。もっと多くの背景と、文脈が存在しているのです。

J-POPにも好きな歌詞はいくつかありますが、今パッと出てきたのはこの歌詞ですね。

生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい 恋人と親は悲しむが 3日と経てば元通り (『生きてることが辛いなら』 / 森山 直太郎)

生きてることが辛いなら くたばる喜びとっておけ (『生きてることが辛いなら』 / 森山 直太郎)

森山 直太郎の名曲の1つ。彼の作品の中ではこの曲が一番好きです。結構過激な始まり方をするんですが、淡々と七五調で曲が進んでいって、最後の一節でなんだかホッとする。こーゆうのもまた表現方法の1つ。

 

 

Midville’s
中村

音楽講師 / ビートメイカー

Up
H E L L O T H E R E
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。